神経症(パニック障害・不安障害)| 所沢神経クリニック

神経症(パニック障害・不安障害)

神経症(パニック障害・不安障害)

パニック障害

パニック障害は、特に原因はないのに猛烈な恐怖感、不安感を感じ、その強い不安発作(パニック発作)を繰り返す病気です。突然の激しい動悸(どうき)、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどを伴う強い不安と、死ぬかと思うほどの恐怖に襲われます。この短期的で急性の強い不安の発作を繰り返す症状を特徴とする病気です。不安発作を起こすと「また起こすのではないか」と不安になり、1人で外出できなくなったり電車やバスに乗ることができなくなったりします。

不安障害

不安障害は慢性的な不安、過敏、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中困難などの精神症状と、筋肉の緊張、首や肩のこり、頭痛・頭重(ずじゅう)、震え、動悸(どうき)、息苦しさ、めまい、頻尿(ひんにょう)、下痢、疲れやすい、不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠りが浅い)などの多様な身体症状(いわゆる不定愁訴)がみられます。

神経症

神経症は内科の病院で検査をしても異常が見あたらない場合に疑われる病気です。
また神経症の原因は心理的な出来事(心因)とされていますが、実際にはそのような出来事がなくても症状が出ることがしばしばあります。

神経症(パニック障害・不安障害)の主な症状

  • 激しい動悸、息苦しさ、めまいが突然生じる
  • 表現できないような恐怖感が生じる
  • 寝つきが悪い、途中で目が覚めて再入眠できない、寝ても疲れがとれない
  • 不安感、緊張感が常にある
  • 肩こり、頭痛が続き疲れやすい
三ヶ島病院
  

ページの先頭へ